庵原層群、平清水の層内しゅ曲(スランピング)
しゅ曲(スランピング)の写真 平清水の地図

 富士市平清水地域には、庵原層群、岩淵累層が分布する。岩淵累層は玄武岩質安山岩の溶岩、火砕岩やハイアロクラスタイトを主とする岩淵火山岩層と指交関係にある南松野砂礫層が分布する。本層のシルト層からは、貝化石が発見されており、植物化石や材化石もたくさん含まれている。これらから、岩淵火山が旧富士川の河口付近の海岸付近から浅海で噴出し、陸上まで達した山を作り、旧富士川をせき止めて作られた内湾にシルト層が堆積したものと考えられる。このため、傾斜もきつく、不安定な内湾海底に堆積したシルト層がその自重で地すべりを起こし,層内しゅう曲を形成したものと考えられる。
(山本玄珠)